黒の舞師 壱ノ巻・弐ノ巻セット

黒の舞師 壱ノ巻・弐ノ巻セット

  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    Ships within 7 days
    1,800 JPY

盲目の身代わり巫女、 クナが織り成す、和風大河ファンタジー。 ※第一巻と第二巻のセットです。 web連載改稿版。 壱ノ巻には、 第一章第十七話までのお話と書き下ろしの幕間が一遍、 番外編の「春風」が収録されています。 A5版 170ページ。カラー口絵、おまけイラストページあり。 弐ノ巻には、 第二章第六話までのお話と、 書き下ろしの幕間が一遍、 マンガ風幕間が一遍、収録されています。 A5版 172ページ。カラー口絵あり。 ※ご購入特典がついております。 壱ノ巻:五言絶句しおりと九十九さまのポストカード 弐ノ巻:漢詩しおりとクナのポストカード 写真1 書影とご購入特典 写真2 壱ノ巻表紙 写真3 弐ノ巻表紙 ~あらすじ~  黒牡丹の塔には、恐ろしい魔将が住んでいる……。 「黒髪の御方」と呼ばれるその者こそは、すめらの帝国一と恐れられる武神。  帝国を守る柱国将軍のひとりであるという。  その力は一騎当千。しかも不老不死にして、残酷きわまりない気性なのだとか。 「かあさん、かあさん、きれいなおとよ! てんのきらめき、おどるかぜ!」  山奥の村で育ったクナは、一夜のうちに巫女にされ、「黒髪の御方」に捧げられた。  月神殿の大神官トウイが、手塩にかけて育てたおのが娘、マカリ姫を護るため、親に売られたクナを身代わりにしたのだ。「柱国将軍」は無敵の加護を得るため、巫女をあるものへのいけにえにしてしまうからである。  しかし―― 「あたしを、たべてください!」  逃げるわけにはいかない。食べられないわけにはいかない。  飢える家族のために、クナは身代わりの使命をまっとうしようとする。  それを怒って止めたのは他でもない、黒髪の柱国将軍その人だった。    かくして生きながらえたクナは、知ることになる。  おのれは、「ふつう」とはまったく違うものだということを――  大陸随一の古き超大国すめらを舞台に  時を越えた絆を紐解く、和風大河ファンタジー。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

盲目の身代わり巫女、 クナが織り成す、和風大河ファンタジー。 ※第一巻と第二巻のセットです。 web連載改稿版。 壱ノ巻には、 第一章第十七話までのお話と書き下ろしの幕間が一遍、 番外編の「春風」が収録されています。 A5版 170ページ。カラー口絵、おまけイラストページあり。 弐ノ巻には、 第二章第六話までのお話と、 書き下ろしの幕間が一遍、 マンガ風幕間が一遍、収録されています。 A5版 172ページ。カラー口絵あり。 ※ご購入特典がついております。 壱ノ巻:五言絶句しおりと九十九さまのポストカード 弐ノ巻:漢詩しおりとクナのポストカード 写真1 書影とご購入特典 写真2 壱ノ巻表紙 写真3 弐ノ巻表紙 ~あらすじ~  黒牡丹の塔には、恐ろしい魔将が住んでいる……。 「黒髪の御方」と呼ばれるその者こそは、すめらの帝国一と恐れられる武神。  帝国を守る柱国将軍のひとりであるという。  その力は一騎当千。しかも不老不死にして、残酷きわまりない気性なのだとか。 「かあさん、かあさん、きれいなおとよ! てんのきらめき、おどるかぜ!」  山奥の村で育ったクナは、一夜のうちに巫女にされ、「黒髪の御方」に捧げられた。  月神殿の大神官トウイが、手塩にかけて育てたおのが娘、マカリ姫を護るため、親に売られたクナを身代わりにしたのだ。「柱国将軍」は無敵の加護を得るため、巫女をあるものへのいけにえにしてしまうからである。  しかし―― 「あたしを、たべてください!」  逃げるわけにはいかない。食べられないわけにはいかない。  飢える家族のために、クナは身代わりの使命をまっとうしようとする。  それを怒って止めたのは他でもない、黒髪の柱国将軍その人だった。    かくして生きながらえたクナは、知ることになる。  おのれは、「ふつう」とはまったく違うものだということを――  大陸随一の古き超大国すめらを舞台に  時を越えた絆を紐解く、和風大河ファンタジー。